消費者金融

融資先一覧

各金融会社によって多少は審査基準が異なりますが、「返済能力」「借入状況」「過去の金融取引履歴」ろといった審査項目は同様です。その上で、審査が甘いとか厳しいとかの分かれ目は、どういった顧客をターゲットにしているかという部分です。

借金の少ない優良顧客を全面的にターゲットにしたい消費者金融であれば、それに該当する申込者のみ審査に通すことで、希望する条件に沿った顧客が揃うことになります。

当然、借入が多い多重債務者は審査には通りません。こういった優良顧客をターゲットにしているのが、大手メガバンク系の金融会社、あるいはカードローン会社です。


柔軟審査の中堅金融会社

大手とは違って中間層の顧客をターゲットにしているのが、中堅クラスの金融会社です。全国にある金融業者の大半がこの中堅規模の金融業者です。

これは、大手が希望する消費者の対象外となる人がターゲットとなるわけで、具体的にいえば他社からの借入件数が3件前後の消費者となります。

当然、こういった中間層の支払い能力は高いともいえないことから、お金を貸す側にとってもリスクを伴うことになります。したがって、貸付金利は大手ほど低くないのは当然のことで、中堅消費者金融の平均年利は15.0〜18.0%となります。

中堅

中堅金融会社

写真の説明を記入します

 金利平均  約12.0%〜18.0%
 融資対象  大手金融会社の審査で落とされた人
 審査基準  大手と比べると柔軟、甘い

審査が甘い零細金融会社

中堅クラスの消費者金融は大手銀行系と比較すると、各段に借入審査く融資率も高く設定されています。通常であれば、余程のことが無い限り、審査に通るはずです。しかし、中には中小の金融会社でも審査で落とされてしまう人が存在します。それは、支払い能力が極めて低いと判断された人です。

そういった中小クラスでも審査に通らない人の借入先は皆無かといえば、決してそうではありません。小規模の零細金融会社では、大手や中堅の金融業者で借りれなかった人を対象としていますので、審査に通る確率は高くなります。

零細

零細金融会社

大手や中堅の金融会社で借りれなかった人は、零細金融しか借りれるあてはないです。

 金利平均  約18.0%〜
 融資対象  大手、中堅の金融会社の審査で落とされた人
 審査基準  甘い、激甘

女性向けレディースキャッシング

女性の場合、まったく収入のない専業主婦と、パートやアルバイトをして少しでも収入のある人とでは、扱いが異なります。まったく収入のない専業主婦の場合は、以前は夫の承諾なしでキャッシングも可能でしたが、総量規制が施行されて以降、夫に内緒では審査に通らなくなりました。

したがって、専業主婦のキャッシングというのは、夫の承諾書を添付した上でなら可能ということです。また、パートやアルバイトなどの収入がある主婦の場合は、単独でもお金を借りることは可能です。